ライフコム・メディカル|医師専門の経営コンサルティング・ファイナンシャルプランナー

HOME > ドクター長期収入補償保険 > 契約・支払い事例

ドクター長期収入補償保険(団体長期障害所得補償保険)

概要 特徴 契約・支払事例 Q&A

契約・支払事例

≪サンプル 契約プラン1≫ まだ所得補償保険にご加入ではない先生にお勧めです。
男性/35歳/支払対象外期間60日プラン/保険金月額100万円/対象期間最長満70歳まで
- 病気やケガで支払対象外期間を超えて満70歳まで全く働けなかった場合
≪サンプル 契約プラン2≫ すでに短期所得補償保険にご加入の先生にお勧めです。
男性/39歳/支払対象外期間372日プラン/保険金月額100万円/対象期間最長満70歳まで
- 病気やケガで支払対象外期間を超えて満70歳まで全く働けなかった場合
※支払対象外期間の入院就業障害補償特約を付帯した場合は、就業障害発生日後8日〜60日目(支払対象外期間60日プラン)または、8日〜327日目(支払対象外期間327日プラン)まで入院時のみ 保険金をお支払致します。保険金額は、主契約の保険金月額以下、かつ100万円までとなります。

≪月払保険料金表≫
保険金月額10万円あたりの月払い保険料
 支払対象外期間60日プラン (単位:円)  支払対象外期間372日プラン (単位:円)
支払対象外期間60日プラン支払対象外期間372日プラン
※年齢は保険責任開始日における満年齢です。
※全てのプランにおいて、支払対象外期間の入院就業障害補償特約は主契約と合わせての加入となります。特約のみの単独加入はできません。
※上記の保険料は実際の加入状況によっては変わる場合もございます。
※加入口数(保険金月額)は、年間所得の12分の1の60%の範囲内でお申し込みください。
※主契約は一口(10万円)〜30口(300万円)、支払対象外期間の入院就業障害補償特約は1口(10万円)〜10口(100万円)の範囲で主契約の保険金額以下でお申し込みください。
※団体割引:20%

お支払い事例

※例えば、こんな時に保険金がお受け取り頂けます。
@ 40代/男性/外科医/対象期間満70歳まで/保険金月額100万円
(状況) 業務中に機械が倒れてきたことによる受傷。救急搬送され、手術。
術後、入院継続のままリハビリを実施し、自立歩行可能な状態となり退院。
主治医の許可を得て、退院1ヵ月後に復職。
A 30代/女性/歯科医/対象期間3年/保険金月額100万円
(状況) 胸のしこりに気づき病院で検査したところ、良性腫瘍と診断。5カ月後の再検査の際に乳がんが発覚。
自宅療養しつつホルモン療法・抗がん剤治療。
発症から約1年で職場復帰。
B 50代/男性/内科医/対象期間満70歳まで/保険金月額70万円
(状況) 脳内出血により右半身麻痺。後遺症により医師として復職することができない。
現在は、保険金を受け取りながらリハビリ継続中。
 ドクター長期収入補償保険は、団体長期障害所得補償保険の愛称です。
このホームページは団体長期障害所得補償保険の概要をご紹介したものです。詳細はパンフレット をご参照ください。ご契約手続き、保険金のお支払条件、その他の不明な点がありましたら、取扱代理店にご照会ください。
 【引受保険会社】
日立キャピタル損害保険株式会社
〒102-0073
東京都千代田区九段北1丁目8番10号
住友不動産九段ビル11階
0120-777-970
03-5276-5602(営業部門)
http://www.hitachi-ins.co.jp/
 【取扱代理店】
ライフコム・メディカル株式会社
〒102-0082
東京都千代田区一番町15番地
一番町コート3階
03-5226-1871
http://www.lcmedical.co.jp/
承認番号 : Hb191-15-0030
作成日付 : 2015年8月6日